【番外編】姉はヤンママ授乳中in熱海編・実家編※最終話の画像入り・ネタバレ

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】ネタバレ

巨乳彼女との話です。出会いはキャバクラです。

 

胸元の開いたドレスで着飾った女性が席に付きました。

 

色白でシミ一つないキレイな胸元です。ロングヘアーで黒髪、まさに好みの女性です。

 

お酒を飲みながら会話を楽しみ、1セットの時間が過ぎました。もちろん延長です。

 

その女性にお酒を一杯すすめ乾杯です。さらに会話が弾み2セットあっという間に時間が過ぎました。

 

帰り間際にトイレを借りました。

その子がドアの前で待っています。そのタイミングで連絡先を聞き出しました。

 

それから連絡するようになったのですが、営業連絡は一切なく日常内容のメッセージのみです。

 

そんな会話を続けて数週間が立ち、お店に立ち寄りました。

 

その時の女性は元気がなくノリも以前程ありません。

 

会話をするとその理由を教えてくれました。

 

可愛そうになり、その女性の仕事後に飲みに行き相談に乗る事にしました。

 

居酒屋に到着後、お店では語りずらい内容を赤裸々に話をしてくれました。

 

そんな話を聞いていて、とても優しい女性だと感じました。

 

そこからその女性の事が気になり出しました。

 

連絡をマメに取るようになり、会う回数も増えました。

 

女性側も意識してくれるようになり、海デートをした時に告白をして付き合う事になりました。

 

付き合ってから3回目に会った時、男女の関係になりました。

 

服を脱がすと豊満な胸がありました。巨乳好きとしてはたまりません。

下着も自分好みです。いい雰囲気の中でお互い少しづつ服を脱がせていきます。

 

自分も彼女も興奮状態です。以前に飲みながら、下ネタの話をしてパイ擦り経験がない事を告白しました。

 

その事を覚えてくれていたのか、パイ擦りをし始めました。

 

ローションがないため、ツバを潤滑油にして挟んで上下運動です。

 

今までにない経験のため興奮が高まり射精してしまいました。

 

その射精したアレを口でキレイにしてくれました。そのテクニックが凄くて第二ラウンド開始です。

【姉はヤンママ授乳中in熱海】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

【姉はヤンママ授乳中in実家編】ネタバレ

 

今度はこちらから攻めにでます。彼女の陰部を触りクンニしました。

 

すでに陰部は濡れており大洪水です。しばらくクンニをしていると彼女はピクピクしながらイキました。

それからすぐに挿入をして2度目の射精です。その時から、毎日パイ擦りをしてくれ2ラウンドが基本になりました。

 

そこで思った事は、自分のフェチにピッタリハマる女性が相手なら興奮状態になりやすい事です。

 

フェチを妥協する事で飽きが生じやすいです。そのため自分が何フェチなのか考え、見合う女性とすると快楽は倍増します。

【姉はヤンママ授乳中in実家】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓